慰謝料はまだ上げられる?

交通事故による被害に直面した時、相手に請求できる、こちらが受けた損害には、どのようなものが考えられるでしょうか。まず多くの方が考えるのが、『車の修理代』です。かなり大きな事故で全損、ということでなければ、車のどこかが傷ついたり、破損し、修理する必要性が生じますから、それらの費用を支払わなければなりません。

また、被害者が怪我をしている時、その治療費、入院費、または場合によっては手術が必要となる場合もありますから、そういった面の費用も含まれます。もし事故の後遺症がある場合、その賠償も含め、症状が固定されるまでの治療費も支払う必要があります。また、それらによって逸失利益が発生した場合それも含まれます。

これらと同様に考えられるのが、『慰謝料』に関することです。慰謝料を算定する時、基準となるものがあり、一つが『保険会社』における基準、そして『弁護士』の基準です。どのような被害を受けたかによって金額は変わりますが、この基準は自賠責保険基準よりも弁護士基準の方が金額がかなり高いので、請求時に、『弁護士基準』で慰謝料を請求することができれば、本来の『保険』基準での慰謝料から、大幅に金額が上がることになります。